【販売終了】エステに行く必要のなくなる脚やせ法 レビュー | 脚やせフリーク・アシミの脚やせマニュアル・DVD徹底検証!






【販売終了】エステに行く必要のなくなる脚やせ法 レビュー

販売終了しました。とても残念です・・・

こんにちは。アシミです!
今回は「エステに行く必要のなくなる脚やせ法」をレビューしていきます。
オススメ度は文句なし★★★!!

esutehyousi.jpg


『エステに行く必要のなくなる脚やせ法』

価格 : 16,800円(ダウンロード版)/19,950円(DVDつき)
著者 : 小林弘美
内容 : 冊子136ページ(特典②③のレポート込み)

特典①30日間無料メールサポート
特典②リバウンドの絶対法則(レポート)
特典③二の腕はスグに細くなる!(レポート)
特典④無料でアップグレード版プレゼント


こちらのマニュアルは、かなり昔からずっと売れているものなので、信頼度も高いです!(微妙な商品はすぐに販売停止になってしまいます)

さて、この「エステに行く必要のなくなる脚やせ法」作者の小林さんは、エステティシャンなので、内容はリンパマッサージが中心になります。
毎日きちんと老廃物を流してむくみを解消していくことで、脚が細くなるんです!

 

エステに行く必要のなくなる脚やせ法の内容

では、ちょっぴり内容暴露いっちゃいますね。

◆基本編

esute2.jpg

脚やせに必要な知識などがまとまっています。
気持ちの持ち方、間違った常識について解説、自分の脚の状態確認(何が原因で太くなってしまったのか)などです。
ダイエットと脚やせってどう違うの?の項目がすごく勉強になりました!そんな簡単なことでいいんだ、と。

脚やせにはとにかく冷えが大敵だ!と繰り返し書かれています。そして老廃物をきちんと毎日流せばOK、らしいです。
ちょっと昔の商品なので、おしゃれさが少ないのがちょっと気になりますが中身は本物ですよ。

 

◆実践編

毎日実践すること
  1.水を多く飲む
  2.入浴して体を温める
  3.脚の引き締め基本テクニック
  4.毒素を出す方法
  5.寝ながら毒素を出す方法
  6.魅せて細くする
  7.筋肉質・固太りの人の注意点
  8.セルライトがある人の注意点

 

実践編は、実際に脚やせに取り組む具体的な方法が載っています。リンパマッサージのほかに入浴のポイント、脚が細くなる体の洗い方、寝ながら毒素を出す方法など。

 

リンパマッサージについては、さすがに脚やせ専門エステティシャンの得意分野だけあって、一番ページが割かれていますね。
向きや動かす方向の解説の写真だけでなく、一連の手の動かし方を流れで解説した写真も載っているのがいいです。

たくさんのマニュアルでリンパマッサージの解説を読んでいる私ですが、動画を除いて、

冊子版の解説ではこの「エステに行く必要のなくなる脚やせ法」が一番わかりやすいです!!

esutenaiyou2-2.jpg

中身をお見せすることはできないので、ぼかし入りで。
マッサージは、一度マニュアルを見ながらやれば簡単に覚えられる感じですので、誰でもできると思います。 

 

◆応用編

 1.時間に余裕がある時の入浴法
 2.生活の中で引き締める方法
 3.効果倍増!マル秘テクニック
 4.これであなたも美尻!?簡単ヒップアップ法
 5.効果絶大!今すぐ出来る呼吸法
 6.歯磨き中にO脚を治す方法
 7.ふくらはぎ・太ももを絞る
 8.入浴しながらセルライトを除去
 9.簡単ストレッチでリラックス
 10.体を冷やす食べ物、温める食べ物
 11.脚のむくみを取る食べ物
 12.日常生活の中で脚やせに悪いこと

 

実践編の内容プラスαで行うともっと効果的な方法が紹介されています。
汗の出る入浴方法、簡単なトレーニング、ストレッチなどのほか、誰の家にでもある●●●●●●●を使ったマッサージ、●●●を使った即効性のある引き締め法、セルライトをつぶす方法、などですね。

特にP89から解説されている●●●●●●●を使ったマッサージはちょっとびっくりしましたね。一時ダイエット法として流行ったような気がしますが、そんなに効果があるとは思ってなかったというのが正直なところ。

この応用編まで実行すると、脚やせが加速します。

  

メールサポート、返金保証

メールサポートは、マニュアルのみ版とDVD版のどちらを購入するかによって日数が変わってきます。
マニュアルのみ版はメールサポートが30日、DVDつき版は60日になります。

また、60日間は返金保証もついています。 返金の条件は、最低30日実践して、 メールサポートを3回以上利用しても効果がなかった場合となっています。 

メールサポートは、本当にすぐに返答してくださいます。 2時間たたずに返事が来たこともありました。
作者の小林弘美さんがとても親切に質問に答えてくださいますし、 もしメールのサポート期間が過ぎたとしても、 サポートチームのメンバーの方が返答してくれるとのこと。
この辺のサポート体制はしっかりしていると思います。

それから、購入者だけが見られるQ&A集というサイトがあって、 そこには過去のメールサポートで質問があった事柄について回答が載っています。これを読むのも勉強になりますよ。

  

エステに行く必要のなくなる脚やせ法の特徴

・マッサージが主体

全体的に「エステ」という感じのマッサージだな~という印象です。

マッサージやセルライトについてはかなり丁寧に書かれています。
 しかし、実際に行う方法自体はそんなに難しくないので、え、こんなものなの??と思うかもしれません。ですが、たくさんある脚やせマニュアルを読んできたアシミにとってエステに行く必要のなくなる脚やせ法のマッサージがナンバー1ですね。

  

その反面、脚の筋肉に刺激を与えるストレッチなどは本当に簡単でみなさんがどこかで見たことのあるものばかりなので期待はしないほうがいいです。というのも、脚やせのためには冷えとむくみをとにかく取り除くことが大切で、負荷のかかる筋トレなどは推奨されていないからという理由があるからです。
筋肉を鍛えて引き締まった脚がほしいという人にはオススメしません。

  

・むくみがとれればすぐにサイズダウンの可能性あり

きちんとしたマッサージで毎日むくみを解消していくことができれば、比較的早くサイズダウンを実感できる人もいると思います。

自分ではむくみを実感していなくても、マッサージにいったりするとむくんでますね、と言われたりするもので、みなさん意外とむくみを持っていたりするものです。

これをマッサージでしっかり解消してあげるとすぐに脚の軽さを実感できるようになりますよ。

  

・どんな脚太りタイプの人でも脚やせできます

エステに行く必要のなくなる脚やせ法で解説されているマッサージはどんな脚太りタイプの人であっても効果が期待できます。
むくみ(水分)太りの人も、固太りの人も、筋肉質だという人もみんな大丈夫です。

年齢も関係ありません。実際に、私がお願いしたモニターさんで57歳の方も脚やせ成功しています!
若い人のほうが代謝が良い分、早く結果がでると思いますが、しっかり毎日のマッサージを継続していけば大丈夫です。

  

・忙しい人でも可能です

お仕事や育児などで忙しい方もたくさんいらっしゃると思いますが、毎日15~20分程度、脚をいたわってあげる時間をつくるだけで大丈夫です。

特別な器具なども必要ありません。すべりをよくするためのクリーム等を準備するくらいです。

 

向いている人

・むくみがひどい人
・セルライトが気になる人
・冷え性の人
・筋肉太り(固太り)に悩んでいる人
・太ももやふくらはぎの太さが気になる人

・日常的に運動をしている人
・食事制限系のダイエットに挫折した人

・自転車に乗る人
・脚やせ初心者さん

・マッサージの仕方をしっかり学びたい人

  

俗に言う筋肉太り(固太り)の人や、冷えがひどい人、セルライトが気になる人は、マッサージで筋肉や脂肪を柔らかくすることが脚やせの第一歩です。
特にセルライト解消にはマッサージが必須です!!
時間はかかると思いますが、地道に続けていくと脚はきれいになっていきますよ。
むくみに悩んでいる人は比較的早く脚やせ効果を実感できるのではないでしょうか。

食事制限系のダイエットに挫折した人は、脚の筋肉が落ちて、代謝がかなり落ちていることが多いです。そういった人がいきなり運動をしても効果は少ないです。
まずはマッサージをして脚を温めることで脂肪を落としやすくしてあげるのが大切なのです。

  

定期的に運動をしていたり、自転車で通勤・通学をしている人などは、筋肉をつかったあとにしっかりマッサージをして疲労物質を流してあげることが大切です。

脚やせ初心者さんは、このマニュアルで解説されている脚やせの基礎知識がとても勉強になると思います。また、脚やせの基本であるマッサージの解説はとてもわかりやすいです。

結論

マニュアル評価 ★★★

「エステに行く必要のなくなる脚やせ法」はアシミの一番のオススメです!!
どんな脚太りタイプさんでも効果が期待できるという点がいいですね。一度マッサージを覚えて習慣にしてしまえば、これから先脚太りに悩むことはなくなるでしょう。

脚やせにマッサージは必須事項です。是非「エステに行く必要のなくなる脚やせ法」でエステティシャンの正しいマッサージのしかたを身につけていただきたいと思います。 

※販売終了になりました

もしご不明な点などがありましたら、アシミまでメールで相談してみてくださいね。

アシミにメールしてみる