太もものつけ根が太くてくっついてしまう人の改善方法 | 脚やせフリーク・アシミの脚やせマニュアル・DVD徹底検証!






太もものつけ根が太くてくっついてしまう人の改善方法

<太ももの付け根が太くてくっついてしまう人>

太ももの付け根が太くてくっつくのが恥ずかしいという気持ち、とってもわかります。 そういう人はお尻と太ももの境目があまりわからない状態になってはいませんか。

もともと太ももの付け根というのは、脚やせの中でも最後に効果がでてくる部位なので、なかなか痩せにくいというのもあります。 また、内ももというのは、筋肉がきちんと使われないとたるみやすい部分でもあります。

太ももを痩せるためには、マッサージやストレッチなどをきちんと行うことで解消できることもありますが、中にはなかなか効果がみられない、という人もいると思います。

 <太もものつけ根が太くなる原因>

太もものつけ根がなかなか細くならない原因は、立ち方や歩き方に癖がある、もしくは骨盤が広がってしまっていることにあります。

靴のかかとの外側ばかりが磨り減るということはありませんか? こういった人は脚の外側に重心がかかっているのです。そうすると、外側の筋肉ばかりが使われて、内側の筋肉は使われずにたるみます。

また、骨盤の歪みの場合もあります。O脚などの人にも多いのですが、骨盤の下側が広がっているんですね。そうするとお尻が平たく横に伸びて、腰が張り出します。
そして太ももの付け根あたりの血液やリンパの流れが悪くなってむくみが発生し、それによって脂肪がつきやすくなってしまっているという状態を引き起こしてしまうのです。

これでは、いくらマッサージやストレッチをしたとしても効果は半減してしまいます。

どちらの場合もゆがみを正すということが必要です。 歩くときは内側に重心をおくことを意識して、かかとをついた後、親指の付け根のほうにむかって重心を移動していきます。

また、骨盤のゆがみがある人やO脚の人は広がっている骨盤をしっかりと引き締めましょう。 骨盤矯正というと、なんだか痛いことをするというイメージを持っている方もいるようなんですが、簡単なストレッチで骨盤を整えることが出来ます。

骨盤矯正には山田式骨盤ダイエット法が人気です。
とても簡単なストレッチを続けるだけで骨盤が整っていきます。

それから、普段の座り方にも気をつける必要があります。 デスクワークなどで、長時間座る習慣がある人は、体を支えるために骨盤が広がりやすくなります。 なるべくお尻を締めて、広がらないように座ることを心がけ、1時間に一度は立つなど、座りっぱなしにならないようにしてみましょう。

太ももは日常生活の癖やゆがみなどを正すことだけでも形が整うものです。 みなさんも意識してみてくださいね。