ジョギングやランニングで脚は細くなるか? | 脚やせフリーク・アシミの脚やせマニュアル・DVD徹底検証!






ジョギングやランニングで脚は細くなるか?

<ジョギングやランニングと脚やせ>

ダイエットで運動といえばジョギングやランニングを思い浮かべる人が多いようです。
ですが、脚やせするためにジョギングやランニングをするのは今すぐやめてください!

確かにジョギングやランニングは有酸素運動ですので、全身の脂肪を燃焼させるために効果があるでしょう。 ですので、体重が標準体重を超えている方なんかが、ランニングをすれば下半身やせの効果があるかもしれません。
しかし、体重は標準以下で脚だけ太くて悩んでいるという人が一生懸命にランニングを続けても脚やせにはなりません。 むしろ、上半身だけどんどん痩せてしまい、さらに下半身太りを加速させてしまう可能性もあります。

<脚やせは運動がNGという理由>

脚やせには、激しく負荷のかかる運動はNGです。

その理由は下半身太りの原因にあります。 下半身太りの原因は、骨盤の歪みからくるO脚などの歪み、むくみ、冷え性などです。

特に、ゆがみがある人が運動をすると、本来は必要ではない筋肉をどんどん発達させてしまうことになるのです。
たとえばO脚の人は、脚の外側に重心がかかるため、太ももとふくらはぎの外側の筋肉が張り出します。日常生活を行うだけでそれだけ張り出してしまうのに、更にランニングなど、筋肉を使う運動をしたら・・・もっとひどい結果になってしまいますよね。

日本人の80%はO脚といわれるくらい、誰しもゆがみを持っているものです。これを改善しないままに運動を行っては逆効果なのです。

次に、むくみと冷えについてです。
下半身太り、脚太りに悩んでいる人の多くが冷え性です。 冷え性によって、脂肪は固くなって燃焼しにくくなってしまいます。またむくみによる老廃物と脂肪が冷えることでセルライトになります。 セルライトになってしまったら、いくら運動をしても食事制限をしても解消することはできなくなります。

脂肪燃焼しにくい脚のまま、有酸素運動を続けるとどうなるでしょうか。 上半身だけがりがりに痩せていき、脚は太いままという状態になるのです。

では、脚を細くするためにはどうしたらいいのか。

まず、ゆがみがある人は、骨盤矯正のストレッチなどを行ってゆがみを解消しましょう。 正しい姿勢や歩き方になるだけで、脚太りが解消する場合もあるのです。

冷え性であるとか、セルライトが気になるという人は、マッサージです。 とにかく、冷えやセルライトの原因になるむくみを毎日きちんと解消することと、冷えて固まった脂肪をあたためてほぐすことです。

セルライトにもマッサージが必要です。セルライト解消には念入りなマッサージによってほぐして流すしか方法がないのです。

私がとてもお世話になり、信頼している脚やせマニュアルがエステに行く必要のなくなる脚やせ法です。
このマニュアルにあるマッサージを行えば、むくみが解消し、冷えもなくなり、セルライトも小さくなっていきます。

いろいろと書きましたが、運動は悪ではありません。体を動かすことで血液やリンパの循環がよくなって冷えやむくみの改善などという効果もないわけではないからです。
ですが、筋肉をつけるような運動がいけないわけで、インナーマッスルを刺激するようなストレッチ類のほか、ヨガやピラティスなどが良いとされています。

ある程度早く結果を出したいというのであれば、まずはマッサージをして脚を喜ばせてあげてはいかがでしょうか。