ししゃも足を治していく方法 | 脚やせフリーク・アシミの脚やせマニュアル・DVD徹底検証!






ししゃも足を治していく方法

<ししゃも足の改善策>

前回の記事でししゃも足の原因を解説しました。
読んでいないかたはこちら →ししゃも脚の原因
今回は具体的な対策について書いてみたいと思います。

歪みの対策

多くの人が、骨盤の歪みなどによって本来つくべきところでないところに筋肉がついていることによりししゃも足になっています。
脚をそろえたときに、つまさき、かかと、ふくらはぎ、ひざがきちんとつかないという人やO脚の人はゆがみの改善をしましょう。

ランニングやウォーキングなどの運動をする際にも、ゆがみがない状態でなければカモシカのようなすらりとした脚にはなれません。

O脚の人も骨盤矯正を行っていくことで、外側に張っていたふくらはぎが直ってくるはずです。

正しい立ち方、歩き方をする

正しい姿勢で立ったり歩いたりすることもとても大切です。
靴のかかとは外側が磨り減っているという人、重心が外側に行っています。 歩くときはまずかかとをついて親指の付け根に向かって重心を移動していくようにしましょう。

自転車の乗り方に注意する

自転車に乗っている人はたくましい太ももやふくらはぎになりやすいです。 脚やせのためにはなるべく乗らないほうがいいのですが、そうもいかない人もいますよね。

対策としては、坂道は押して歩く、ギアを軽くする、乗るときの姿勢をよくする、です。 坂道の立ちこぎは一番よくないので、面倒でも押して歩くことにしましょう。 また、ギアを軽くして脚にかかる負担を軽くしてください。

そして、乗った後には軽くマッサージをするなどして、筋肉の疲労をやわらげてください。

マッサージをする

スポーツなどで筋肉を使っている人や、昔スポーツをやっていて固太りの傾向がある人はきちんとマッサージをしましょう。 マッサージをすることで筋肉が固くなってしまうことを防げます。 また、固太りの人は、固まってしまった脂肪をやわらかくほぐして流してあげる必要があります。

また、ふくらはぎはむくみがたまりやすい部分のひとつでもあります。
マッサージをすることで、むくみの解消にもなり、ほっそりとしたふくらはぎに近づくことが出来ますよ。

エステに行く必要のなくなる脚やせ法などで紹介されているようなリンパマッサージを毎日きちんと行って脚のケアをしていくことでカモシカのようなすらりとした脚に近づいていくことができます。