骨盤矯正で下半身痩せ | 脚やせフリーク・アシミの脚やせマニュアル・DVD徹底検証!






骨盤矯正で下半身痩せ

<骨盤が歪むと下半身が太くなるわけ>

そもそも、骨盤が歪むことで下半身が太くなってしまう原因をあげてみました。

①骨盤が広がると太って見えてしまう

骨盤の下の部分が広がれば、お尻も平たくなって広がります。物理的に骨盤が広がることで、腰の部分が張ってしまい、体重に変化がなかったとしても太って見えてしまうのです。

②余計な筋肉がついてしまう

骨盤が歪んで傾いたりすると、それに引っ張られた部分を補おうとして、本来は必要でない筋肉をつけることになってしまいます。
例えば、骨盤が歪むことでO脚になりますが、O脚の人は太ももとふくらはぎの外側に筋肉が張り出しやすくなります。

③脂肪がつきやすくなる

骨盤の下側がひろがることで、太もものつけ根部分のリンパの流れが滞りやすくなります。
それにより、お尻や太ももの内側部分がむくみやすくなり、そこに脂肪がつきやすくなってしまうのです。

<脚やせが上手くいかない人は骨盤矯正も有効>

前述したように、骨盤というのはいろいろな部分に対して影響がでてくる大切なところなのです。

マッサージをやってもなかなか脚が細くならないとかストレッチやエクササイズをしてもなかなかサイズダウンしないと悩んでいる方、もしかしたら骨盤に原因があるかもしれません。

骨盤が正しい位置になれば代謝があがって冷えが改善、むくみが減る、
ヒップやウエストのサイズダウン、O脚の改善・・・などなどたくさんの効果が期待できますよ。

骨盤矯正っていうと、大変そうだとか、骨をボキボキやって痛そう、みたいなイメージの人が多いみたいですが、例えば当サイトで紹介している山田式骨盤ダイエット法では毎日15分くらいの簡単なストレッチで骨盤矯正できたりするので、そんなに難しいことをしなくても改善することができます。

日常生活の立ち方、座り方、歩き方を正しい姿勢にしていくことで、下半身や脚というのはかなり形が変わってくるものです。みなさんも気をつけてみてくださいね。