むくみをとる食べ物はどんなもの? | 脚やせフリーク・アシミの脚やせマニュアル・DVD徹底検証!






むくみをとる食べ物はどんなもの?

<カリウムを多く含む食べ物>

むくみの原因のひとつに、塩分があります。
塩分に含まれるナトリウムが水分を溜め込んでしまうんですね。 その水分を排出していくにはカリウムが必要です。

そこでカリウムを多く含む食べ物として、以下のようなものがあります。

・バナナ、メロン、キウイフルーツ、グレープフルーツ、りんご

果物は酵素も入っていますし、積極的にとるようにしたいものです。 果物は空腹時に食べるといいので、朝食時かおやつの時間がよいと思います。

・小豆、大豆、枝豆

小豆は利尿作用があるサポニンが多く含まれていて、昔からむくみに効くといわれています。
納豆や枝豆を食べる場合は、たれや塩は控えめにしましょう。

・アボカド、セロリ、ほうれん草、かぼちゃ、こんぶ・わかめなどの海藻類、
 トマトジュース

これらはちょっと含有値が高めというだけで、カリウムはいろいろな野菜に
含まれています。 トマトジュースは手軽でいいと思います。飲むなら無塩のものを。 

・くるみ、アーモンド、ドライフルーツ

ナッツ類に含まれるビタミンEが血行をよくしてくれます。ナッツは無塩でローストしただけのものを選びましょう。

<そのほか、むくみに効く食べ物>

・利尿作用のある食べ物
スイカ、きゅうりなどウリ科のもの

むくみには効果的ですが、体を冷やすので食べすぎ注意です。

・ビタミンB群
新陳代謝をよくすることに働きます。
ビタミンB1 豚肉、うなぎ、玄米など
ビタミンB2 チーズ、納豆、レバーなど
ビタミンB6 かつお、まぐろ、鮭など

他にも、たんぱく質が不足するとむくみやすくなったり、 柑橘類に含まれるクエン酸が新陳代謝を促したり・・・と いろいろな食材がむくみに効果を発揮します。

結局はバランスよくいろいろなものを食べていくことを心がけることが 大切になってきます。 

むくみをとるには、食べ物以外にもストレッチやマッサージなども必要です。食べ物は補助的な要素と考えて工夫していきましょう。