本当は侮れないむくみの原因とは | 脚やせフリーク・アシミの脚やせマニュアル・DVD徹底検証!






本当は侮れないむくみの原因とは

<むくみができる原因>

夕方になると脚がパンパンになるくらいむくみが酷いという人、多いと思います。 むくんでしまうと脚がだるくなり、つらいですよね。

そんなむくみの原因は一体何なのか。

まず、むくみとは簡単に言うと、体の中の細胞の間に通常よりも多く水がたまっている状態のことです。

以降、病気などが原因のものでなく、一時的な要因によるむくみについて
解説していきますね。

水がたまってしまうのは、老廃物をきちんと排出するための機能が
上手く働いていないからです。脚のむくみでいえば、ふくらはぎにあるポンプ機能の働きが悪いせいで、リンパ液が流れにくくなり、心臓から遠い下半身の部分では流れが滞るという結果になってしまうのです。

こういった水分の代謝が悪くなってしまう原因は日常的な生活パターンの中にあります。

<むくみができる生活習慣>

まず、濃い味の食事。

塩分の多い食事は、むくみを引き起こします。 塩分に含まれるナトリウムが水分と結合して体内にとどまりやすくなってしまうためです。

濃い味が好きな人、調味料をたくさんかけないと満足しない人、ラーメンのスープは全部飲むという人なんかは自分で思っている以上に塩分を摂取していますよ。

ちなみに、どのくらい自分が塩分をとっているかという目安として食品のパッケージなどに書いてある栄養成分には、「ナトリウム550mg」などとありますよね。
大まかな計算ですが、だいたいナトリウム400mg=食塩1gです。
普段自分が食べているものの塩分量を考えてみてください。一日10gなんて、すぐに超えてしまいます・・・。

それから、運動不足も挙げられます。

脚でいえば、ふくらはぎのポンプ機能は歩くなどして筋肉が収縮することで働くようになります。あまり動く機会がなければ、ポンプ機能は当然働きません。

また、デスクワークで座ったままであったり、電車や飛行機などに長時間乗る、立ち仕事であるなどの場合は、特定の部分に水分がたまりやすくなったりします。

他にもきつい下着などによる締め付け、ビタミンやミネラルの不足、生理前などのホルモンバランスの崩れ、などが原因となります。

むくみをそのままにしておくと、セルライトの原因にもなりやすいですし、
代謝が悪いので太りやすくなります。
そしてむくみが慢性化していくとさらにむくみが悪化していくことにも
なってしまいます。

毎日しっかりとむくみを解消していくことで、下半身痩せ・脚やせにもつながっていきますよ。

むくみの解消法についてはこちらの記事に書いています。
むくみを解消して美脚を目指そう